永久脱毛のリスクについて知ろう

2016.05.18.17:02

永久脱毛のリスクについてですが、クリニックで行うレーザーや針は出力を上げられるため効率よく永久脱毛できますが、出力を上げるということは、逆に肌を損傷させる率を高めてしまいます。レーザーと針、それぞれどのようなリスクが考えられるか見ていきましょう。 

まずレーザーでは軽めのやけどを起こすのが普通です。確かに肌には直接働きかけませんが、体毛が吸い込んだ熱を抱えきれずに放出するとき、熱が周りの組織に広がるためどうしても肌を傷めます。よって軽めのやけどは許容範囲として扱われるのが現状です。

そして出力の加減を間違った場合、水疱が生じるほどのやけどが、さらに傷が全快しなかった時には色素固着や脱色、ごくまれに神経損傷によるしびれが現れます。 リスクは毛の質や場所によっても付きまといます。熱を多く吸収するゆえに毛穴が傷つきやすいタイプ、雑菌が好きな皮脂が多量に分泌される場所に生えるタイプは、熱で元気がなくなった毛穴に雑菌が入りニキビのような症状を作ることがあります。 

針はいってみれば注射に近く、発赤や晴れは当たり前に見られます。上手に毛穴に入らなかった場合、神経や血管を傷つけます。C型肝炎などの病気は滅多にないとはいえ実際に起こりえます。

comment

Secret

プロフィール

Author:ramur88
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR